ソフトウェアを開発し続けて早六年。 バグを憎んで人を憎まず。。 株式投資で脱サラをめざすITエンジニアのホームページ......
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のアプリのなかでVBScriptやJScriptを呼び出します。
この機能を使うと自分のアプリでExcelやWordのマクロと同じことが実現できます。

ソースのダウンロード(zipファイル)
↓さわりの部分
/// <summary>
/// スクリプトを実行する
/// </summary>
/// <param name="sender"></param>
/// <param name="e"></param>
private void OnRun(object sender, System.EventArgs e)
{
try
{
MSScriptControl.IScriptControl scriptCtl = new MSScriptControl.ScriptControlClass();
scriptCtl.SitehWnd = (int) this.Handle;
//スクリプトエンジンを指定する
scriptCtl.Language = comboScriptEngine.Text;
/*
* スクリプトから呼び出すオブジェクトを登録する
* ここで登録するオブジェクトはIDispatchを実装する必要がある
*/

//オブジェクト名を省略して呼び出すオブジェクトを登録する
scriptCtl.AddObject("TestCls", new ScriptClasses.TestCls(), true);
//オブジェクト名"Env"で呼び出すオブジェクトを登録する
scriptCtl.AddObject("Env", new ScriptClasses.Environment(this), false);
try
{
//スクリプトを実行する
scriptCtl.AddCode(textSource.Text);
}
catch(Exception ex)//スクリプト実行時エラー発生
{

MSScriptControl.Error err = scriptCtl.Error;
if(err == null)
{
textResult.Text = ex.ToString();
return;
}
string msg = string.Format("({0}, {1}): error {2}: {3}", err.Line, err.Column, err.Number, err.Description);
textResult.Text = msg;
}
}
catch(Exception ex2)
{
textResult.Text = ex2.ToString();
}
}
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

スレッドプールの最大サイズを変更するメソッドが、
COMだとあるのに、なぜか.NET Frameworkには無いんです。
ってことで、.NETでスレッドプールの最大サイズを変更する方法を公開します。
⇒ 続きを読む

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

とあるきっかけでC#を教えたときに作ったFlashムービーです。
VisualStudioを起動してから簡単なWebブラウザが完成するまでの一連の流れを記録してみたものです。
って言ってもIEのコンポーネントを張っつけただけなんだけどね。
ここにあります。。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

// HOME // 
シャトー・フルール・ド・ジャン・ゲイ・レゼルヴ 2001
↑これ、お気に入りのワインです
毎日ペースで飲んでる中からの
厳選(?)チョイスする予定。。
(ちなみに赤が好き)
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。