ソフトウェアを開発し続けて早六年。 バグを憎んで人を憎まず。。 株式投資で脱サラをめざすITエンジニアのホームページ......
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IEのコンテキストメニューは、簡単なHTMLファイルを
作るだけで追加できます。
また今回は紹介しませんが、HTMLにActiveXを使うスクリプトを記述すれば、複雑な処理を実装することも可能です。

【IEコンテキストメニュー手順】
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\
にサブキーを作成します。
このサブキー名でコンテキストメニューに表示されます。
作成したキーの規定値(REG_SZ)に、IEのコンテキストメニューをクリックしたときに呼び出されるHTMLファイルのパスを入力します。


【IEコンテキストメニューから呼び出されるHTMLの例】
表示中のWebページでテキストを選択して以下のコンテキストメニューを実行すると、
選択したテキストをGoogleで検索します。


<html>
<script language="JavaScript">
//Documentを取得する
var parentwin = external.menuArguments;
var doc = parentwin.document;
//ページ内の選択された文字列を取得する
var sel = doc.selection;
var rng = sel.createRange();
var strhtml = new String(rng.htmlText);
var str = strhtml.replace(/<[^>]*>/g," ");
str = str.replace(/\s+/g, " ");
str = str.replace(/^\s*/,"");
str = str.replace(/\s*$/,"");
if (str.indexOf(" ") != -1)
str = '"' + str + '"';
//googleで検索するためのURLを作成する
var url = "http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=" + encodeURI(str);

//Shiftキーを押しているか
var bnewwindow = external.menuArguments.event.shiftKey;
//Shiftキーを押していたら、新しいウィンドウ。
//押してなかったら現在のウィンドウでGoogleの検索結果を表示する
if(bnewwindow){
newwnd = parentwin.open("","","resizable=yes,scrollbars=yes,width=800,height=600");
}else{
parentwin.navigate(url);
}
</script>
</html>
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

// HOME // 
シャトー・フルール・ド・ジャン・ゲイ・レゼルヴ 2001
↑これ、お気に入りのワインです
毎日ペースで飲んでる中からの
厳選(?)チョイスする予定。。
(ちなみに赤が好き)
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。